すでにご承知のことと思いますが、2021年8月1日のPMBOKガイド第7版のリリース時に、日本語版が間に合わない見通しです。 本家の英語版はもちろん、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、イタリア語、スペイン語、ロシア語等の第7版は予定どおり8月1日リリースされます。これにより日本を除くワールドワイドでは、 8月以降は 第6版をベースとしつつ、PMBOK®第7版の公式リリースの事実を前提として試験が実施されることとなりました。(2021年6月6日現在)



PMBOK第7版で大きく変更になる項目

PMBOK®第7版への変更は、以下の図のとおり、スタンダードとしてのアプローチや設計思想のレベルから大きな変更が加えられます。その範囲は、プロジェクト環境、対象読者からテーラリングのガイドまで及びます。メジャーバージョンアップであることは疑う余地がありません。

資料出所: INFOGRAFIC “What’s New with PMI Standards & Publications” pmi.org


当面はPMBOK第6版+新ECO対応で準備

遅延の理由はともかく、日本の受験生は、結果として年内は現行バージョン(PMBOK第6版+新ECO対応)の教材を使って試験準備を進めることができることになりました。

オーソライズされていない不完全なPMBOK第7版の翻訳を前提とした用語やプロセス名を使った設問が出題されることはあり得ません。オンライン、会場受験にかかわらず日本語版のPMP試験が全面的にPMBOK第7版対応にスイッチするのは、早くても2022年1月以降。1月に PMBOK第7版の日本語版がリリースされ、間髪入れずPMBOK第7版対応の教材がamazonで発売開始になったとしても、受験生は そこから全面的にバージョンアップされたPMBOKの第7版をベースにした学習を開始、もしくは再開しなければなりません。

逆の見方をすると、2022年度初頭の PMBOK第7版日本語版の受験環境やスコープに沿った実務経験のある指導者・教材の不足、未整備といった混乱を見越すと、受験生にとっての賢明な選択は、年内のPMP資格取得に向けた行動を速攻開始すること。当面はPMBOK第6版と新ECOを前提とした試験準備に集中し最速合格をめざす、というアプローチ一択です。


年内合格をめざす効率的なPMP試験対策とは

それでは、突然プレゼントされた残りの数か月をつかって、どのように効率的な学習をすすめるべきでしょうか。

これに対してはリカルド・バルガス氏が昨年リリースした動画が、はからずも日本人受験生については引き続き参考になります。バルガス氏は、PMBOK第6版をベースに予測型プロジェクト管理の基本的なプロセスを業務の流れに沿って説明するという極めてニッチな領域の動画で、なんと100万回を超える驚異的な視聴回数をたたき出した人気の講師。

プロセスフロー図は各国版の翻訳が用意されており、氏のサイトから無料でダウンロード可能です ( 日本語版も無料でダウンロード可能) ※。 こちらも全世界で70万ダウンロードを達成。気さくで明るいキャラクターと相まってPMP受験生からの圧倒的な支持を集めています。 バルガス氏 のYoutube動画を以下に再掲します。

※ 日本語版は以下のサイトの「Available files」を下方向へスクロールした一番下にあります。https://ricardo-vargas.com/pmbok6-processes-flow/

YouTube: “Tips to Get PMP Certified Before the End of the Year with Ricardo Vargas” Ricardo Vargas


この動画は日本語字幕を利用することができます。


● YouTube動画下部の設定(歯車のアイコン)をクリックして

● 「字幕」を選択、日本語 (Japanese)をクリックしてチェックを入れます。

以上のステップで日本語字幕が表示されます。

Biography

Ricardo Viana Vargas is a Brazilian engineer, author of project management books and executive director of Brightline Initiative: a strategic initiative management movement formed by The Boston Consulting Group (BCG), Bristol-Myers Squibb, Saudi Telecom Company, Lee Hecht Harrison, NetEase and Agile Alliance.

He has been a member of the Project Management Institute (PMI) since 1997 and served on the PMI’s board of directors from 2007 to 2009. Vargas became the first Latin American chair of the Board in 2009. (Wikipedia)


※ 動画の字幕についての日本語訳は2020年 豆検が担当いたしました。


(60) 日本語版リリース遅延をチャンスに変える