PMBOK®プロセスフロー(簡易バージョン日本語版)プロセスフロー白地図を使った学習の流れについてまとめてみました。

■ 基本的な学習の流れ

使い方は簡単です。まず、計画系から。

(1)「PMBOK®プロセスフロー(簡易バージョン日本語版)」を眺め、書いて、声に出して覚えます。その際、以下に注意します。

・各プロセスは何のために存在するか
・知識エリアの中でどんな役割を持っているか
・他のプロセスとどのような関係があるか

(2)白地図を埋める

白地図をダウンロードして、プロセス・フローで学習した内容を思い出しながらプロセス名を埋めてゆく

(3)完全に記憶するまで、プロセス群ごとに繰り返す

立上げプロセス群/計画プロセス群→実行プロセス群→監視・コントロール プロセス群/終結プロセス群


■ 「プロセスフロー白地図」の置き場所 ※

スコープ、スケジュール、コストに関する白地図はこちらからダウンロード可能です。

・プロセスフロー白地図(スコープ)
pmbok_process_flow_blank_map_JP(scope V1.0)_20180220
・プロセスフロー白地図(スケジュール)
pmbok_process_flow_blank_map_JP(schedule V1.0)_20180220
・プロセスフロー白地図(コスト)
pmbok_process_flow_blank_map_JP(cost V1.1)_20180220

PMBOK®プロセスフロー-簡易バージョンの日本語版は、リカルド・バルガス氏のホームページでダウンロード可能です。

以下のページを最下部まで移動して、「DOWNLOAD」のボタンをクリックしてください。https://ricardo-vargas.com/pmbok6-processes-flow/

まずは試験の出題比率上位を占める計画系プロセスについてサクッと制覇してしまいましょう。続いて、知識エリアごとに、実行プロセス、監視・コントロールプロセスへとすすんで同じように白地図を埋めてください。

■  「プロセスフロー白地図のカラー版」の置き場所

特定のプロセス名を白抜きしたPMBOK®プロセスフロー白地図のカラー版を追加しました。

プロセスフロー白地図カラー版(スコープ)
プロセスフロー白地図カラー版(スケジュール)
プロセスフロー白地図カラー版(コスト)

【お知らせ】

今後のPMBOK第7版のリリースに伴い、第6版をベースとした知識エリア別プロセス・ダイアグラム等の補足資料閲覧およびダウンロードサービスのお申込みを終了させていただきます。なお、プチまな問題集(基礎編)の購読者については引き続き本サービスをご利用いただけます。


(47)プロセスフローと白地図を使った学習の流れ
Tagged on: