知識エリアの各プロセスは相互に影響し合っていますが、その中でも、各プロセスに明確な順序性を持つものがあります。

計画プロセスグループの中の最終プロセスである「スケジュール作成」は、多くのインプットを持つタフなプロセスですが、主なインプットは次の4つ(のグループ)です。まずは最初の手がかりとしてこの4つの名前を覚えてしまいましょう。

(1)アクティビティ・リスト/アクティビティ属性
(2)プロジェクト・スケジュール・ネットワーク図
(3)アクティビティ資源要求事項/資源ブレークダウン・ストラクチャ
(4)アクティビティ所要期間見積り

スケジュールを検討する時には、誰でも次のような項目を順番に検討するのではないでしょうか。

スケジュールの単位となる作業や仕事の一覧
  ⇒それらを実行する順番
    ⇒その作業を完了するのに必要な人数
      ⇒その人数を前提とした時に完成までに必要な日数

上記(1)~(4)は、それぞれ、

・アクティビティ定義
・アクティビティ順序設定
・アクティビティ資源見積り
・アクティビティ所要時間見積り

というタイム・マネジメント知識エリアの計画プロセスのアウトプットに対応しています。

タイム・マネジメントの知識エリアのITTOの覚え方仕方としては
まず、特に重要な、上記の(1)~(4)4つの項目とそれをアウトプットとして吐き出すプロセスの名前をしっかり覚えます。

それらを最初の手がかりとして「スケジュール作成」につながるタイム・マネジメントの知識エリアのざっくりとした全体のプロセス・フローを紙に書いてみることをオススメします。

※ 以下の図を参考にしてみてください。

図 スケジュール作成のプロセス・フロー

6.6_スケジュール作成

上記の例では、「スケジュール作成」のインプット項目を思い出す時、同じ知識エリアの各計画プロセスのアウトプットをプロセスと紐つけてその意味まで一緒に覚えることで、記憶をいっそう確かなものにすることができます。

つまり、順序性のあるプロセスは、その順序性(前のアウトプットから次のインプットに繋がる流れ)を、全体の記憶を呼び起こすきっかけに使うことができるのです。

単に、用語だけを語呂として覚えるだけでなく、前後の脈略やプロセスの役割/意味を十分理解して記憶すると、間違いなく定着率がアップします。イメージも重要です。プロセスの位置やプロセス間の矢印の方向は何回も見てイメージできるようにしておきましょう。

<まとめ>
・最初に4つのインプット(=アウトプット)項目を記憶する
・それをアウトプットとして吐き出すプロセスを確認する
・各プロセスの配置、役割、意味と「スケジュール作成」への流れを確認する
・全体イメージ(図式)として記憶(絵を見る、声に出す、プロセス名やI/Oを書いて覚える)

(23)順序性のあるプロセス

コメントを残す