最近では比較的規模の大きなWebサイト構築プロジェクトや、モバイル対応が必須のコンシューマ向け金融サイトなどでも、アジャイル型開発とウォーターフォール型の折衷型とでも言えるような管理のスタイルが目立つようになってきました。

これは、信頼性や機密性を基幹レベルに維持しつつハイレベルな要件定義やリリース計画が一通り完了してから、システムテストに至るまでの、設計・開発・テストの繰り返しの開発工程については柔軟なイテレーション型で開発する、というものです。

ビジネスベースのシビアな管理と現場のニーズや効率を両立させる、いわば”いいとこ取り”の方法論ですね。アンチパターン?そもそも全体の契約がリスクに満ち満ちたウォーターフォール前提なので、そんな牧歌的なことは言ってられません。

このケースでは、PMBOKで言うマネジメント・プロセスは適用されないのでしょうか?開発ビジネスとして、何か、まったく新しい管理プロセスの概念が必要となるのでしょうか?

PMBOKのベースとなる視点はビジネス・マネジメントです。契約単位全体については、開発スタイルが何であれ、マネジメント・プロセスが適用されるのは自明ですが、実は、個々の反復作業の中にもマネジメント・プロセスが存在します。(図)

adaptive_lifecycle

PMPの試験でプロジェクト・ライフサイクルのタイプを問われることはありませんが、契約全体と最小単位のプロジェクト管理のプロセスは、共に1パターンだけ、ということは覚えておくと何かと役に立ちます。

(6)ハイブリッド型プロジェクトにおけるマネジメント・プロセス

コメントを残す