PMP®認定の試験が日本でもオンラインで受けることができることになりました。(2020年9月4日 PMIアジアパシフィックから日本向けに発表)!

PMP®、CAPM®、PMI-ACP®、PMI-PBA®認定の試験が日本でもオンラインで受けることができることになりました。発表によれば、9月14日から受験をすることができるようになります。オンライン試験は月曜日から金曜日の午前9時から午後5時の間で実施されます。日本の受験者は受験プロセスを日本語で行うことができるようになります。

ピアソンVUE PMI認定試験ページ

「オンライン監督付きテストFAQ」

【第6版 & 新試験対応!!】PMP試験対策・基礎編リリース2020/10/1公開

PMP試験のエントリーレベルの教材として2018年よりご好評をいただいておりました「【第6版完全対応】PMP試験 基礎編」の新バージョンをリリースいたします。

概要

本、問題集は、2018年公開のPMBOK®第6版に完全対応したPMP試験問題集の基礎編です。出題頻度の高いキーワードと各プロセスの入出力項目・技法を中心に、全650問題+新試験対応問題100問=合計750問をバランス良く出題します。

特徴
■特徴(その1):PMP試験は、大量の問題を既定時間内に完全解答できることが合格のカギです。「【第6版完全対応】PMP試験 基礎編」は、精選した最新の基礎問題が全750問スマホ利用を想定した問題集で本番試験のリズム感、即答力を養成します。

■特徴(その2):第6版完全対応!!第6版のプロセス・フローについてはこちらを参照してください。また、本問題集は、PMBOK®ガイド(日本語版)第6版のP639「付属文書X1 第6版の変更内容」に記載された違いに、完全対応しています。

■特徴(その3):高いクオリティを維持し、新問題の大幅な拡充を行いながら、プライスは月額550円(税抜き500円)という低価格。引き続きお手軽にご利用いただけます。

(新試験への対応について)

■特徴(その4):既にプロジェクト・マネジメントの現場を反映し、非レガシー系の問題は自然と増加傾向にあります。追加100問は、PMIから公開済みの2021年新試験シラバス(コンテンツ・オンライン)に対応したテーマより、エンタープライズ系の非レガシー領域の概念を中心としたプロジェクト・マネジメント分野の基礎知識を問う問題を中心に出題いたします。

(出題テーマの例)

  • ドメインⅠ「人」リーダーシップ理論
  • ドメインⅡ「プロセス」アジャイル品質管理
  • ドメインⅡ「プロセス」継続的デリバリー
  • ドメインⅡ「プロセス」ディシプリンド・アジャイル
  • ドメインⅡ「プロセス」方法論
  • ドメインⅢ「ビジネス環境」アジャイル契約
  • ドメインⅢ「ビジネス環境」チェンジマネジメント、他

■特徴(その5):「知識エリア別プロセス・ダイアグラム」は、各知識エリア別の各プロセスの名称と、計画/実行/管理のサイクルにおける位置づけ、他プロセスからの影響を単純化して図示したものです。知識エリア内のプロセス相互の関係や位置づけを、よりシンプルに図示し、PMBOK®プロセスフローの全体図を直観的に理解する上で大変役立ちます。

今回、新・基礎編 問題集のリリースに合わせて「ツールと技法・オーバービュー」が公開されました。知識エリア毎に全てのツールと技法を一気に俯瞰することができます。直前のチェックに抜群の威力を発揮します。

「合格編」「基礎編」問題集をご利用中の方は、LearningBOXに格納された、これらのPDFファイルについて、無料で全ページのご利用、ダウンロード、印刷が可能です。

第6版完全対応!! 】PMP試験対策・合格編リリース!2018/9/11

合格に直結する応用力ある知識の強化を目的として、「【第6版完全対応】PMP試験 合格編」をリリースいたしました。

概要
本問題集は、2018年公開のPMBOK®第6版に完全対応した、PMP試験問題集の合格編です。新たに追加された概念、ツールと技法、アジャイル型プロジェクト管理への対応を始め、出題確度の高い問題を厳選し、詳細な解説を加え、全500問強の本番試験レベルの問題を、第6版のガイドブック(プロジェクトマネジメント知識体系ガイド)の新しいプロセスに100%マッピングして出題しています。自宅学習を補完するツールとして、通勤時間などのスキマ時間を活用し合格ライン突破の可能性を最大限に高めることができます。

対象受講者

基礎編を終了しPMBOKの基本的な用語や概念を理解している初中級レベル以上の受講者、もしくはある程度の実務経験を積んだ若手マネジャークラス

(図)役割・規模による4象限の業務課題と「合格編」の想定する利用者ゾーン

作成2019 (C)豆検  mameken.com

特徴

■特徴(その1):用語の記憶力だけを試すような知識エリア別のランダムな出題ではなく、プロセスフローに沿ったプロセス別の章立てを採用しています。

■特徴(その2):本問題集はPMBOK®ガイド(日本語版)第6版の「付属文書X1 第6版の変更内容」に記載された違いを前提に、出題が予想される以下の領域からの出題を強化しています。

■特徴(その3):可能な限り、選択肢の中からなぜその解答がベストなのか、なぜ他の選択肢がNGなのか、について解説を加えています。

* A Guide to the Project Management Body of Knowledge (PMBOK® Guide)Sixth Edition

サンプル問題
「【第6版完全対応】PMP試験 合格編」の、無料のサンプル問題をお試しいただけます。サンプル問題は、こちらから。

PMI Webinarsの監訳

2019年4月 PMIアジア・パシフィックに協力して、projectmanagement.comのウェビナーの日本語訳の作業を行いました。

最新記事Performance Management Stinks! Here’s an Agile Way to do It!を豆検のメンバーが監訳いたしました。オリジナルの英語版YouTubeコンテンツはこちらから。

2014年 PMP試験対策・合格編(第5版)リリース

プチまな』に、PMP試験対策・合格編をアップいたしました。

ご連絡先
Intuit LLC
サポート担当 support@intuit.co.jp

コメントを残す