PMPの試験は、その問題がどのプロセスのテーマを扱っているのか、を見極める能力が試されています。プロセスは全部で49個あります。まずそれらを覚えてしまう必要があります。

プロセスの数が一番多い計画プロセス群については、各知識エリア毎にさまざまなプロセスがありますが、少し離れて眺めていると、実は共通の、というか「親戚」のようなプロセスがあります。

例えば「○○計画」というプロセスが計画プロセス群では、ほとんどの知識エリアに存在しています。(計画を扱うプロセス群だから当然といえば当然)

計画プロセス群は、
(1)「○○計画」というプロセス
(2)計画プロセスのアウトプット的なプロセス
(3)アウトプットを補強するプロセス
に分類できます。(グループに小分けしておくと覚えやすい)

(1)については、整理するまでもありませんが、いちおうリスト化すると次のようになります。

まず、主要4大領域については、

スコープ ⇒ 【1】スコープ・マネジメントの計画
スケジュール ⇒ 【2】スケジュール・マネジメントの計画
コスト ⇒ 【3】コスト・マネジメントの計画
リスク ⇒ 【4】リスク・マネジメントの計画

人間系のプロセスでは

情報  ⇒ 【5】コミュニケーション・マネジメントの計画
要員・設備 ⇒ 【6】資源マネジメントの計画
関係者 ⇒ 【7】ステークホルダー・エンゲージメントの計画 ※

※ステークホルダー・マネジメントから、「エンゲージメント」にPMBOK(R)第6版から変更に。その理由は、”プロジェクト・マネジャーがステークホルダーをコントロールすることはほとんど不可能であるため(!)” という、お茶目なコメントが秀逸。(PMBOK(R)ガイド第6版 X1.21 第13章 プロジェクト・ステークホルダー・マネジメントの変更)

あと2つ重要な領域は品質と調達。

品質 ⇒ 【8】品質マネジメント計画
調達 ⇒ 【9】調達マネジメント計画

あと、【10】プロジェクトマネジメント計画書作成という、親玉(?)のようなプロセスがいましたね。これで10個の知識エリア分がそろいました。



(18)計画プロセス群

コメントを残す