プロジェクトには、プロジェクトをドライブする原動力とも呼べるものによって、大きく2つの種類(予測型と適応型)に分類できます。ライフサイクルとプロセス群の関係を見てゆく前に少しだけ、適応型のプロジェクトについて触れておきます。

適応型の開発プロジェクトは次のような呼び方をされるときもあります。

・イテラティブな開発プロジェクト
・インクリメンタルな開発プロジェクト
・アダプティブな開発プロジェクト
・アジャイル型の開発プロジェクト

適応型のプロジェクトのライフサイクルは組織やプロジェクトによってもさまざまです。

適応型のプロジェクトの管理の手法がすべて異なるわけではなく、実際、PMBOKで使用される多くのツールや技法が同じように使われています。その使われるタイミングと使われる場所が異なります。

適応型のプロジェクトはWEB系やクラウド、モバイル系やWEB系のシステムだけでなく、すでに多くのプロジェクトで採用されています。現場のプロジェクト・マネジャーも予測型との差異を把握し、管理の手法をマスターしておくことは現実の課題となっています。

(4)適応型プロジェクト

コメントを残す