プロジェクト固有の『ライフサイクル』と一般的な『マネジメント・プロセス(5つのプロセス群)』の関係は、フレームワークとして理解しておく必要があります。

プロジェクトの規模やチームが大きくなるほど、管理項目は増加します。管理項目が多くなるとマネジメントの質が変化します。

PMP試験を受験される方の中には、大規模プロジェクトのプロマネの作業はよくわからない、という方もいらっしゃるかもしれません。

PMP試験は規模、業種を問う問題はありませんが、『マネジメント・プロセス』との関係については、ひととおり理解しておくと全体の見通しが良くなります。

また、実務面でも、どのような規模や業種のプロジェクトがアサインされても、フレームワークに沿って管理構造を押さえておけば、プロマネとして迷うことがありません。

management_process

※ PMBOK(R)のプロセス・フローについては、PMPで、コンサルタントのリカルド(Mr. Ricardo Viana Vargas)さんが素晴らしいフローを公開されています。ご自身のサイトやYoutubeで公開されていますので、ご参考になさってください。

リカルドさんのご了解を得て、日本語版を「(44)PMBOK(R)のプロセス・フローについて」に掲載していますので、そちらも参考にしてください。49個のマネジメント・プロセスは、上記の5つのプロセス群にすべて配置されています。


(1)マネジメント・プロセスのフレームワーク